【補稿】第12夜 ふくべと竜馬


 もう10月も後半。この調子であっという間に師走が来てしまうのでしょうが、今年にかぎっては、すごく楽しみにしていることがあります。

 東京駅と日本橋駅の真ん中にある「ふくべ」が、改装のためいったん閉店したのは今年の1月のことでした。新装開店は12月(予定)とのことで、一体第何週めなのか、今からそわそわします。菊正宗をお燗にしてもらって、何を食べようかなと。


 好きな店がいったん閉店すると聞くと、一瞬は残念に思うものの、どんな老舗も始まりはピカピカでした。お店の精神はそのままで、さっぱり磨かれて帰ってくるのだと思うと、いつかまたカウンターで飲める日まで自分も頑張ろうと思えます。


 新橋に「竜馬」という立ち飲み屋があります。

 立ち飲みブームというのは、何度か大きなうねりを伴って起こっては納まり、また起こって──を繰り返しています。今はもうブームではなく、定着して、細分化していますが。

 そんな中でも竜馬は特別な存在で、定点観測でいうと、独身時代に私が遊んでいた2005年前後には新橋で間違いなく1,2位を争う熱い店でした。

 うなぎの寝床とはこういうことかと思わせる構造に、ぎゅうぎゅうに人が入って、みなカウンターに対して器用に体を斜めにして、譲りあって、また新たな客がねじ込まれて、とにかく楽しい店でした。締めのサッポロ一番塩ラーメンも、竜馬で食べるとなぜかとんでもなくおいしかった。

 その竜馬のことを、ライターの寺田伸子さんという方が、こんな見出しを付けて雑誌で紹介していました。BRUTUSか、dancyuか、どちらかだったと思います。


竜馬があるかぎり、毎日を頑張っちゃう。


 頑張れる、ではなく、頑張っちゃう。

 いいね!ボタンがない時代に、本当、ガッテンガッテンガッテン。竜馬はこんな風に表現されて当然のお店でした。

 15年以上前の、雑誌の小さなスペースのコピーとクレジットを今でも覚えているなんて、すごいことです。お酒が好きでなければ、そして、中に入り込んで取材しないと、こんな見出しは書けないと思います。寺田さんとは面識はありませんが、それからもいいなと思う原稿があるとクレジットをチェックして、「やっぱり寺田節だ」と確認したことが何度もありました。人づてに、今は弁護士をされていると聞きました。

 

 新橋のおすすめはまだまだあるのですが、そして残念なことに最近は全然行けていないのですが、またどこかで書くかもしれません。

 毎日を頑張っちゃうと堂々と宣言して、元気で健康で、お酒を飲んでいたいものです。頑張るための言い訳としてお酒があるのなら、飲みこなしてみせましょう。



*新刊『愛しい小酌』が2022年10月21日(金)に大和書房から発売になります(詳しくはこちら)。本には書けなかった裏話やエッセイなどを、【補稿】とし、発売日まで毎夜更新しています。



<< 前へ     


次へ >>


日記トップへ



最新記事

すべて表示

太田和彦さんといえば、私のような左党にとっては居酒屋文学の代表のような存在です。東京の街を遊びまわる際には、ご著書を参考にしてきました。 その太田さんがめちゃくちゃおもしろそうな翻訳本『食農倫理学の長い旅』を出されたというので、しかもそれが400ページを超える大作と知り、なるほど、このような形で食の道を極めていくキャリアもあるんだなあ、さすがだなあと思っていたのですが、本を少し読んですぐに分かりま

今日は原稿を一本納品しました。ある出版社の創立125周年を記念して作られた本に掲載される原稿で、字数は2500字。興味があるテーマだったから、気負わずに書けたのはいい。それでも、途中でああ、どうしようと困った点がひとつありました。 今取り組んでいる山梨の家のリノベーションについて触れなくては書き進められない内容だったのですが、どこまで詳細に書くかということについて、考えてしまいました。 なんだか、

新刊『愛しい小酌』が、明日10月21日(金)大和書房から発売になります。 本の中に出てくる器や場所のリンク集を以下に掲載します。撮り下ろしのページを中心に、ざっと思いつくものだけ挙げています。本書を片手に、気になるものを見たり、買ったりしてみてください。 あらためて見てみると、骨董市で買ったものが3割を占めていたように思います。 明日からは北杜市の白州で台ケ原骨董市が開かれるので、また何か買いそう