岡山の事件について思うこと

 特別支援学校に通う8歳の男の子に、母親が手をかけてしまうという出来事がありました。数日前、岡山でのことです。

 私が第一報を聞いたときには、「殺人未遂の疑い」でしたが、その後男の子は亡くなり、容疑は殺人に切り替わりました。

 

 このニュースを知ったのは、東京から山梨に帰る特急の車中でした。娘と同じ障碍をもつ親たちと作っているグループLINE上で、共有されたのでした。(容疑者となった)女性に会ったことがあるという人もいて、LINE上は、静かに、しかし騒然としました。


 明るくてやさしい人だった。

 容疑者をこう表現している人がいました。

 ええ、そうでしょう。

 私が知る限り、障碍をもつ子の親は、とくに母親は、みんな明るくて強いんです。

 考えてみれば当たり前のことで、仕事をしながら、育てるのが難しい子供を育てている人ばかりですから、当然、強く、たくましくなっていくんです。強いことは哀しさなんです。どこかで自分の一部を麻痺させる力がないと、繊細すぎては暮していけないんです。

 何も知らない人は、それを達観や器の大きさと呼んだりして、立派なお母さんとして、胸に努力賞のメダルをかけてくれるんです。


 8歳。娘と同じ年齢です。

 男の子ですから、体もどんどん大きくなって、力も強くなって、あきらかに幼児から脱皮して、いろんなことがそれまでとは変わってきたのかもしれません。


 その日の朝、私は、大声で怒鳴ってしまっていました。娘は小さくてカチャカチャ音が鳴るものが好きなのですが、その朝にかぎって、私のピアスや指輪やらが入った箱をひっくり返して、床じゅうにばらまいて、ご機嫌で遊んでいました。

 これから子供たちを学校に送って、それから東京まで出勤しなきゃいけないのに、なんで今それをするの!腹が立つやら、情けないやら……。

 でも、怒ってもどうしようもないんです。いつも奥の部屋にしまってあるのに、その日は、東京に行くもんでおしゃれをしようと思って、テーブルに出しっぱなしにしていました。手が届かないところに隠しておかなかった私の、痛恨の段取りミス。娘にではなく、自分を怒鳴っているんです。


 グループLINEのひとりが、このニュースに動揺し、

「辛いことがあったら、ここに書いてもいいですか」

 と吐露しました。

 いいよいいよ、そいういうガス抜きのためにこのLINEはあるんだから。そう思ったし、みんなもそう感じていたようで、積極的に意思表示や提案をしました。

 私は、こういう場面で一番弱い部分(犬の柔らかいお腹のような)を、ぐるっと見せて、助けを求められる人を、すごいと思います。

 私もそうありたいし、そうあらねばならないんです。岡山のお母さんのような人を生まないためにも。


 今年度から、娘の特別支援学校の担任の先生が変わりました。

「大学を卒業して、特別支援学校一筋、障碍児教育一筋、定年して、再雇用で戻ってまいりました。お任せください!」

 

 この先生の在り方が、膝から崩れ落ちそうになるほど、うれしかったです。任せていい根拠も、しっかり提示されている。

 私も、誰かに「お任せください」。言えるようになりたいですね。せっかくメダルがあるんだから、生かさないと。



<< 前へ     次へ >>


日記トップへ

最新記事

すべて表示

太田和彦さんといえば、私のような左党にとっては居酒屋文学の代表のような存在です。東京の街を遊びまわる際には、ご著書を参考にしてきました。 その太田さんがめちゃくちゃおもしろそうな翻訳本『食農倫理学の長い旅』を出されたというので、しかもそれが400ページを超える大作と知り、なるほど、このような形で食の道を極めていくキャリアもあるんだなあ、さすがだなあと思っていたのですが、本を少し読んですぐに分かりま

今日は原稿を一本納品しました。ある出版社の創立125周年を記念して作られた本に掲載される原稿で、字数は2500字。興味があるテーマだったから、気負わずに書けたのはいい。それでも、途中でああ、どうしようと困った点がひとつありました。 今取り組んでいる山梨の家のリノベーションについて触れなくては書き進められない内容だったのですが、どこまで詳細に書くかということについて、考えてしまいました。 なんだか、

新刊『愛しい小酌』が、明日10月21日(金)大和書房から発売になります。 本の中に出てくる器や場所のリンク集を以下に掲載します。撮り下ろしのページを中心に、ざっと思いつくものだけ挙げています。本書を片手に、気になるものを見たり、買ったりしてみてください。 あらためて見てみると、骨董市で買ったものが3割を占めていたように思います。 明日からは北杜市の白州で台ケ原骨董市が開かれるので、また何か買いそう