リノベの話。2階建てから平屋へ。

 7月の着工に向けて、家の図面を2階建てから平屋へ大幅に変更しました。  工務店さんとの打ち合わせを重ねるなかで、基礎工事の予算が想定以上に膨らんでしまったことや、構造上どうしても動かせない柱があることなど、色々な制限があることが分かってきました。こういうとき、細々と金額を削っていくよりは、発想をがらりと変えたほうがいいと判断したのでした。  不思議なもので、昨年からかなりの時間をかけ、様々な角度から検討して「これ以上はない」と納得できた図面だったにも関わらず、いざ平屋という選択肢を思いつくと、「むしろ、こっちに変更して良かった」と思えるんですね。ヒトの脳の柔軟性って、本当に不思議だと思います。何かを諦めて平屋にしたというより、自ら平屋を選んだのだと、後付けでもいいから調整していく伸びしろのようなものが、備わっている。


 平屋にしたことで、ゲストルームから富士山は見えなくなりました。でも、そのへんを散歩したりドライブすれば、富士山はいつでも目にすることができます。

 ゲストルームを一階の南側に配置することによって、プライベートな縁側ができ、すぐ外に出られるようにもなりました。焚き火にあたりながらワインを飲んだりもできますし、春は梅や桃を見ながらピクニックもできます。すぐ目の前には夫婦松。自然とつながっている感覚は、平屋のほうがむしろ濃くなったと思います。


 もうひとつ。私の書斎をなくすことにしました。  当初、2階の富士山が見える場所に書斎を設定していたのですが、閉じこもって仕事をするより、キッチンやダイニングや和室など、好きな場所で家庭内フリーアドレスができたほうが楽しいんじゃないかと考えたのです。それに、この狭い仮住まいで3か月暮らしてみて、生活にまつわる機能がぎゅっと集まっているのって、案外いいなあと思ったのでした。  いつかまた家を建てることがあったら、憧れのアーネスト・スタディのようにしたいと思います。


 じゃあ、大量の本をどこに収納するか。これは最後まで課題でしたが、建築家のYさんが、収納階段にしてはとアドバイスしてくれました。昔の家にあったような、小さな箱(函と書きたくなります)を積み上げた、あれです。あれの現代版を作ることになると思います。

 東京で暮らしていたとき、「どこにいても本が感じられる家」というのが私の理想でした。それ叶えるために、階段の壁面一面を書棚にDIYリノべしたりもしていましたから、あらためて、自分が本当に好きなものに立ち返った気がします。(Yさんが担当されたこの家もヒントになりました)


 ところで、平屋なのになぜ階段があるの? と思いますよね。

 じつは、建物自体はそもそも3〜4階建ての高さがあります。2階より上は昔、養蚕仕事のかたの職場兼住居だったそうです。

 居住スペースとしては1階のみの「平屋」なのですが、2階から上は吹抜の天井をきれいにして、床をととのえて、ゆくゆくはギャラリーにしたいと思っています。だから、階段を作っておくことが必要なのです。  仰ぎ見たときの梁や天井の美しさ、それから、富士山の眺望を生かした、ダイナミックな空間ができます。居住部分と商いの部分の区別が明確について、むしろ、よかった。


 むしろ、◯◯。こればかり言っています。思い通りにならない事態が起きてからが本番。家作りもおもしろく進めていきたいと思います。


 柱の位置の関係で、キッチンも大幅な変更が必要になり、既製品だとちょっと難しそうです。ほぼ意を決めていた某メーカーから、フルオーダーに変更するのですが、その話はまた。



<< 前へ


次へ >>

日記トップへ



最新記事

すべて表示

太田和彦さんといえば、私のような左党にとっては居酒屋文学の代表のような存在です。東京の街を遊びまわる際には、ご著書を参考にしてきました。 その太田さんがめちゃくちゃおもしろそうな翻訳本『食農倫理学の長い旅』を出されたというので、しかもそれが400ページを超える大作と知り、なるほど、このような形で食の道を極めていくキャリアもあるんだなあ、さすがだなあと思っていたのですが、本を少し読んですぐに分かりま

今日は原稿を一本納品しました。ある出版社の創立125周年を記念して作られた本に掲載される原稿で、字数は2500字。興味があるテーマだったから、気負わずに書けたのはいい。それでも、途中でああ、どうしようと困った点がひとつありました。 今取り組んでいる山梨の家のリノベーションについて触れなくては書き進められない内容だったのですが、どこまで詳細に書くかということについて、考えてしまいました。 なんだか、

新刊『愛しい小酌』が、明日10月21日(金)大和書房から発売になります。 本の中に出てくる器や場所のリンク集を以下に掲載します。撮り下ろしのページを中心に、ざっと思いつくものだけ挙げています。本書を片手に、気になるものを見たり、買ったりしてみてください。 あらためて見てみると、骨董市で買ったものが3割を占めていたように思います。 明日からは北杜市の白州で台ケ原骨董市が開かれるので、また何か買いそう