悪質な書き込みへの心がまえについて

 物を書いている人の多くが、心ないコメントに傷ついています。


 先日、著書に対するひどいコメントを見てしまい、そのあと36時間気分がふさぎこんでしまいました。時間の経過とともにどんな風に気持ちが変化していくのか、自分を観察する習慣が私にはあって、それで、36時間という数値が出ました。


 その36時間のうちの4時間めに、知人と喫茶店で会う予定がありました。中傷のことを話さずにはいられなくて、話しているうちに泣きそうになってしまい、それほど自分は傷付いているのだということを実感しました。

 鼻をかんだティッシュを、私の部屋に捨てにくる人がいる。捨てた本人はティッシュのことなどとっくに忘れているのに、私はティッシュを踏んで、転んで、ティッシュをどうしたものか悩まされている。そのことが、苦しくて悔しい──といった話を、知人にはしました。


 こういうとき、人はさまざまなアドバイスをしてくれます。


「頭の悪い人間の言うことは気にしなくていい」

「妬みだね。それだけうらやましがられるものを持っているってことだよ」

「批判するより、される側のほうがいいじゃない」


 全部、私がこれまで実際に言われたことです。

 この3つの発言のなかで、私の心を軽くしてくれたのは、1番の台詞でした。この発言者の軸足は100%、相手の頭の悪さにあり、私がどうのこうのという問題ではないということが、気持ちを楽にしてくれたのだと思います。

 逆に、私の心をさらに重くしたのは、2番目の台詞でした。それは、他人をうらやましがらせるような甘い飴玉を「見せびらかしている」かもしれない自分自身というものに、私の眼はどうしても向いてしまうからなのでした。


 ここ最近、人のお宅に招かれる楽しい機会が重なりました。そこで気がついたことがあります。私にとっては、視野がぐるっと回転するくらい大きな発見だったので、共有したいと思います。


 それは、ネガティブなコメントに出くわしてしまったら、

「私は受け取りません」

 と声に出して表明することです。もちろん独り言です。

 さらに、嫌な言葉を発した本人が、その言葉が入った風呂敷包みを抱えてすごすごと家に帰り、布団に入るまでを想像します。乱暴な言葉を扱いあぐねて、その人は寝苦しい夜を過ごすんです。

 想像するからにはちゃんと形があったほうがよくて、私はシェー!のイヤミか、のび太のママを借りています。作者やファンの方には申し訳ないのですが、表情や声が思い描きやすい、生きたキャラクターなので、使わせてもらっています。


 なぜホームパーティをきっかけに気が付いたかというと、たとえば、どんなにおいしいシフォンケーキを焼いても、小麦アレルギーがある人は食べられません。素晴らしい赤ワインを持参したところで、このあと運転する人に飲ませることはできません。

 持って帰るか、自分で全部消費するか、捨ててしまうか。いずれにしても、最終的には、持ってきた人が決めることでしょう。

 素晴らしいごちそうだって、受け取ることができない、もしくは受け取ってもらえないという状況があるのだから、悪意のある物や事に対しても、扱い方を自分で決めていいのだという当たり前のことが、すっと理解できた瞬間でした。


 言葉も同じで、汚い言葉を吐いても、それを相手が受けとらなければ、発した人が処理の仕方を考えなくてはならない。自分の胸に引き取るか、別のターゲットを探して投げつけるしかないでしょう。そしてそれは、私の問題ではありません。


 私は、ただ、「それ」を受け取りません。



<< 前へ


次へ >>


日記トップへ     

最新記事

すべて表示

太田和彦さんといえば、私のような左党にとっては居酒屋文学の代表のような存在です。東京の街を遊びまわる際には、ご著書を参考にしてきました。 その太田さんがめちゃくちゃおもしろそうな翻訳本『食農倫理学の長い旅』を出されたというので、しかもそれが400ページを超える大作と知り、なるほど、このような形で食の道を極めていくキャリアもあるんだなあ、さすがだなあと思っていたのですが、本を少し読んですぐに分かりま

今日は原稿を一本納品しました。ある出版社の創立125周年を記念して作られた本に掲載される原稿で、字数は2500字。興味があるテーマだったから、気負わずに書けたのはいい。それでも、途中でああ、どうしようと困った点がひとつありました。 今取り組んでいる山梨の家のリノベーションについて触れなくては書き進められない内容だったのですが、どこまで詳細に書くかということについて、考えてしまいました。 なんだか、

新刊『愛しい小酌』が、明日10月21日(金)大和書房から発売になります。 本の中に出てくる器や場所のリンク集を以下に掲載します。撮り下ろしのページを中心に、ざっと思いつくものだけ挙げています。本書を片手に、気になるものを見たり、買ったりしてみてください。 あらためて見てみると、骨董市で買ったものが3割を占めていたように思います。 明日からは北杜市の白州で台ケ原骨董市が開かれるので、また何か買いそう