悪質な書き込みへの心がまえについて

 物を書いている人の多くが、心ないコメントに傷ついています。


 先日、著書に対するひどいコメントを見てしまい、そのあと36時間気分がふさぎこんでしまいました。時間の経過とともにどんな風に気持ちが変化していくのか、自分を観察する習慣が私にはあって、それで、36時間という数値が出ました。


 その36時間のうちの4時間めに、知人と喫茶店で会う予定がありました。中傷のことを話さずにはいられなくて、話しているうちに泣きそうになってしまい、それほど自分は傷付いているのだということを実感しました。

 鼻をかんだティッシュを、私の部屋に捨てにくる人がいる。捨てた本人はティッシュのことなどとっくに忘れているのに、私はティッシュを踏んで、転んで、ティッシュをどうしたものか悩まされている。そのことが、苦しくて悔しい──といった話を、知人にはしました。


 こういうとき、人はさまざまなアドバイスをしてくれます。


「頭の悪い人間の言うことは気にしなくていい」

「妬みだね。それだけうらやましがられるものを持っているってことだよ」

「批判するより、される側のほうがいいじゃない」


 全部、私がこれまで実際に言われたことです。

 この3つの発言のなかで、私の心を軽くしてくれたのは、1番の台詞でした。この発言者の軸足は100%、相手の頭の悪さにあり、私がどうのこうのという問題ではないということが、気持ちを楽にしてくれたのだと思います。

 逆に、私の心をさらに重くしたのは、2番目の台詞でした。それは、他人をうらやましがらせるような甘い飴玉を「見せびらかしている」かもしれない自分自身というものに、私の眼はどうしても向いてしまうからなのでした。


 ここ最近、人のお宅に招かれる楽しい機会が重なりました。そこで気がついたことがあります。私にとっては、視野がぐるっと回転するくらい大きな発見だったので、共有したいと思います。


 それは、ネガティブなコメントに出くわしてしまったら、

「私は受け取りません」

 と声に出して表明することです。もちろん独り言です。

 さらに、嫌な言葉を発した本人が、その言葉が入った風呂敷包みを抱えてすごすごと家に帰り、布団に入るまでを想像します。乱暴な言葉を扱いあぐねて、その人は寝苦しい夜を過ごすんです。

 想像するからにはちゃんと形があったほうがよくて、私はシェー!のイヤミか、のび太のママを借りています。作者やファンの方には申し訳ないのですが、表情や声が思い描きやすい、生きたキャラクターなので、使わせてもらっています。


 なぜホームパーティをきっかけに気が付いたかというと、たとえば、どんなにおいしいシフォンケーキを焼いても、小麦アレルギーがある人は食べられません。素晴らしい赤ワインを持参したところで、このあと運転する人に飲ませることはできません。

 持って帰るか、自分で全部消費するか、捨ててしまうか。いずれにしても、最終的には、持ってきた人が決めることでしょう。

 素晴らしいごちそうだって、受け取ることができない、もしくは受け取ってもらえないという状況があるのだから、悪意のある物や事に対しても、扱い方を自分で決めていいのだという当たり前のことが、すっと理解できた瞬間でした。


 言葉も同じで、汚い言葉を吐いても、それを相手が受けとらなければ、発した人が処理の仕方を考えなくてはならない。自分の胸に引き取るか、別のターゲットを探して投げつけるしかないでしょう。そしてそれは、私の問題ではありません。


 私は、ただ、「それ」を受け取りません。



<<前へ     次へ>>     



最新記事

すべて表示

7月の着工に向けて、家の図面を2階建てから平屋へ大幅に変更しました。  工務店さんとの打ち合わせを重ねるなかで、基礎工事の予算が想定以上に膨らんでしまったことや、構造上どうしても動かせない柱があることなど、色々な制限があることが分かってきました。こういうとき、細々と金額を削っていくよりは、発想をがらりと変えたほうがいいと判断したのでした。  不思議なもので、昨年からかなりの時間をかけ、様々な角度

最近、2018年に出版した単行本『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』を読み返していました。  この本の大きなテーマは、毎日19時に家族が揃って、そこそこ栄養バランスのとれた温かいご飯を食べること。当時の帰宅時間が18時半だったので、夕飯の準備に費やせる時間は30分です。なるべくストレスなくそうした生活を続けていくために、私が実践していることについて、10品の料理(型)を軸に書き下ろした本

移住してから二か月が経ち、幸福度がとても上がったことを実感しています。 その鍵を握っているのは、能動的な孤独ではないかと思います。この言葉が指すものについては後半に書きます。 移住して良かった点として、まず、自然環境の素晴らしさがあります。 引っ越してきたばかりの2月には、白と黒の険しい線画だった山々が、春になると色彩数を増し、透けた層が幾重にも連なります。富士山だけが特別なのではない。見渡すかぎ