記憶のスタイル

 本を読んでくれた友人たちから、昔のことを本当によく記憶しているねと驚かれることがあります。


 私の場合、メモをしているわけではなく、大量の絵が記憶に入っていて、それを一枚ずつ取り出して描写をしています。そしてその絵には、匂いや音が付いていることもあり、それが描写の大きな助けになります。一枚の絵を描写しているうちに、また別の絵が後ろに控えていることもあったりして、次にそれを描写すれば、二段落くらいは書けてしまう...という感じです。

 たとえぼんやりしている絵であっても、じっと考えて思い出していると、忘れているモチーフや細部が浮き上がってきます。浮かび上がらない場合は、諦めて、なにか別のネタやモチーフを足がかりにして論旨を展開させ、ひとつの原稿にまとめたりしています。

 みなさんの記憶はどんな形で現れているでしょうか。


 記憶のスタイルはさまざまです。

 先日友達に会ったとき、彼女は音を連続で覚えることができないという話をしてくれました。長い付き合いですが、彼女のその特長を知るのは初めてでした。

 たとえば外国語の習得に際して。先生が一文を読みあげ、「リピート アフター ミー」と言ったとします。彼女はもう、覚えていられなくて、ひとことも発することができないのだそうです。

 それから、彼女は鼻歌を歌えません。朝ラジオで聴いたCMの曲が耳から離れなくなって、通勤途中にフンフン口ずさんでしまうということが、私にはたまにあるのですが、彼女には一切ないそうなんです。短期間でも音を覚えておくことが難しいんですね。でも、そのCMの曲の歌詞は全部正しく書くことができるというから、記憶の形というのは面白いです。

 これらは今に始まった話ではなく、子どもの頃からたくさんの習い事をさせられてきた彼女は、英語(子ども向けの、メロディにのせて覚えさせるような)や音楽のレッスンは本当に苦痛だったそうです。子どもはまだメタ認知能力が発達していないから、こういう向き・不向きは、親がきちんと見てあげなければならないポイントかもしれません。


私の苦手な記憶といえば。

会議に参加したメンバーの発言の細かい部分までちゃんと覚えていられる人って、すごいなあといつも思います。

頭の回転が速いほうではないので、会議のスピードについていけないことがほとんどだし、ひとつのトピックについて考えている間に、次の話題に移っていることもあったりして、会議は本当に苦手です。


 苦手だからこそ、ミーティングでは率先して議事録係を担当しています。あとから読んでも分かりやすいように構成や章立てを考えながら書くので、ボーッとしている暇はありませんが、話の筋をきちんと追って全体像がつかめると、ひとつの場を仕上げたようで、達成感があります。

次回のミーティングまでにクリアにしておくべき点はどこなのか。みんなが決まってモヤモヤしたり引っかかったりしやすい箇所はどこなのか....先週のミーティングでは、これらを「スズキのメモ」という形でハイライトしておきました。何事も、工夫です。


エッセイの原稿の書き方とはまた違う、テキストの表現ですが、こういう言葉への向き合い方というのがエッセイにもいい影響を与えて、勉強になることがあります。

  複数の人の言葉(や意志)を把握しながら、主軸は逃さないというのでしょうか。だからこそ大胆な脱線もできるし、枝葉の話をうまく結び合わせて、ひとつの主題を表現することもできます。同じメンバーのミーティングでいつも議事録を取っているから、発言者のキャラクターもよく分かってきます。言葉遣いは気遣いであり、その人の意外な優しさや、他人に対して譲らない部分も見えます。

 これらは、ある程度の文字数の原稿を書く人であれば、持っていて損はない視点のように思います。



<<前へ      次へ>>



 




 



最新記事

すべて表示

文庫の切り身

通勤帰りの地下鉄で、表紙のない文庫本を読んでいる人を見ました。60代くらいの男性です。 盗み見れば、文庫本の二十ページやそこらを、(多分)強引に背から引き剥がし、身軽になった本を携帯していて、まっさらな文庫本を魚一尾に喩えるなら、切り身の魚をカバンに入れて持ち運んでいるという風なのでした。 私がハッとしたのは、本をちぎるというワイルドな行為はもちろんですが、男性の色っぽさでした。 切り身を食べたら

スローガンと怒り

月に1,2回行く喫茶店のトイレに、気になる貼り紙があります。 「オムツを捨てないでください。大変匂うので、各自お持ち帰りください」 ということが、実際は、もっと長い文章で書かれています。 オムツっていうのは、古今東西、くさいに決まってます。それに、おいしいものやお茶を出す店で、こんなお説教を貼り出さなくても......いつも風通しの悪いような気持ちで見ています。 「オムツはこちらに捨ててください」

御舟の牡丹

山種美術館へ速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)の絵を観に行ってきました。 この美術館の創業者である故・山崎種二は、画家から直接絵を買い、彼らを(生きているうちから)経済的にサポートしていました。しかし御舟だけは別で、生きている間には残念ながら縁がなく、御舟の死後、彼の絵を大量に購入しています。山種といえば御舟。十八番の展覧会と言っていいと思います。 私が御舟の絵と出会ったのは、十年ほど前でした。百貨店