検索
  • KEI SUZUKI

返事のいらないラブレター

 春の自粛期間中に、ひとつ、初めてのことに挑戦してみた。

 多くの人が毎日していること。でも、その対象(相手)がすごく特別。さて、なんでしょう。


 クイズのようになってしまったけれど、答えは「メール」。面白かった本の著者にメールをしたのだ。著者のSNSのプロフィール欄にメールアドレスが書かれていたので、誰にでも窓口が開かれていると解釈して、感想を送った。


 私は定期的にエゴサして自分の本の感想を調べる。悪口を書く人はあまりいない。たいていは好意的なコメントだから、うれしい。まれにメールをくれる人がいて、これはもっとうれしい。そのひとがメールを立ちあげて指を動かす様子を想像する。会ったこともない私にメールするのに、どれほど勇気が要っただろう。だから、自分も同じことを著者にしてみることにしたのだ。


 これはいつも思っていることなんだけど、自著への賞賛を宣伝のために利用するばかりで、自分が素晴らしいと思った本のエントリーを書かない在り方はとてもダサい。時間が取れないことを言い訳にしたり、「もっとちゃんと読み込んでから」と温めたままで、結局書けないできた本がたくさんある。書かなければ、伝わらない。

 SNS上やブログで賞賛するのは難しい。まず、誰に対して書くのか。もちろん第一は著者だ。でも、私はこんな本を読んでいるんですよということを他のフォロワーや読者に見せるという時点で、それは純度の高い意思表示とは少し違った、どこか料理されたものになってしまう。「すっっごい良かった!」とだけ書くわけにもいかないから、かっこつけたくて、起承転結や言い回しなどを考えはじめたりもする。で、機会を逸してしまう。


 著者へのメールなら、上記のことは考えなくて良い。ただ、正直に書けばいい。返事を求めないラブレター。返事を求めないということは、見返りを求めないということかもしれない。みかえり。相手がしてくれたことにこたえて、相手に何かをしてあげること。

 ただ読みたい。読めることがうれしい。

 もし私も誰かにそのような気持ちをあげられているとしたら、それだけで、私には書く理由になる。

(私がメールした著者からはお返事がありました)



最新記事

すべて表示

風とJJ

どこにも行かない年末年始、久しぶりに女性誌をたくさん買って家でごろごろしていた。 風の時代到来!──こんなタイトルや見出しやキャプションが多くて、おやっと思った。 風は歓迎されているらしい。新しい時代がくるらしい。 風が動くと、何が起こるというのか(解説は後半に)。占星術的な解釈は知ってはいる。でも、それだけでは説明が足りない気がする。 大好きな女優さんがジル・サンダーのドレスを着て写っている表紙

言ってくれたらよかったのに

過去に悩んでいたことをブログに書いたりすると 「言ってくれたらよかったのに」 と友だちは言う。 私なんかはとくに、辛いことであっても茶化して笑いを取ろうとするところがあって、そういう自分の軽さ自体が嫌で嫌でたまらないことがあるし、かといってひとになにか言われるのも気分が乗らなくて、結局、悩みの渦中にひとに相談するということはあまりない。 とりわけ、出産や子育てというのは相手によってはポジショニング

レシピと型紙

BBC oneに『Sawing Bee』という番組がある。内容は素人の裁縫コンテストで、イギリスじゅうから集まった腕自慢たちが、毎回テーマと時間を与えられ、縫い物(作品)を仕上げていく。専用のミシンやアイロンをあてがわれ、アトリエに用意された布を選び、よーいどんで作りはじめる。途中、ひとり、ふたりと脱落していき、最後にひとりがチャンピオンに選ばれる。 テーマは「Aラインスカート」や「男性用のスラッ

© 2017-2021 KEISUZUKI