返事のいらないラブレター

 春の自粛期間中に、ひとつ、初めてのことに挑戦してみました。

 多くの人が毎日していること。でも、その対象(相手)がすごく特別。さて、なんでしょう。

 答えは「メール」です。面白かった本の著者にメールをしました。著者のSNSのプロフィール欄にメールアドレスが書かれていたので、誰にでも窓口が開かれていると捉えて、感想を送ったのでした。


 私は定期的にエゴサして自分の本の感想を調べています。悪口を書く人はあまりいないくて、たいていは好意的なコメントだから、すごくうれしいです。

 まれにメールをくださる方がいて、これはもっとうれしいです。そのひとがメールを立ちあげて指を動かす様子を想像します。会ったこともない私にメールするのに、どれほど勇気が要ったでしょう。だから、自分も同じことを著者にしてみることにしました。


 これはいつも思っていることなんですが、自著への賞賛を宣伝のために利用するばかりで、自分が素晴らしいと思った本のエントリーを書かない在り方はとてもダサい。

 時間が取れないことを言い訳にしたり、「もっとちゃんと読み込んでから」と温めたままで、結局書けないできた本がたくさんあります。書かなければ、伝わらない。

 SNS上やブログで賞賛するのは、けっこう難しいことです。まず、誰に対して書くのか。もちろん第一は著者です。でも、私はこんな本を読んでいるんですよということを他のフォロワーや読者に見せるという時点で、それは純度の高い意思表示とは少し違った、どこか料理されたものになってしまいます。「すっっごい良かった!」とだけ書くわけにもいかないから、かっこつけたくて、起承転結や言い回しなどを考えはじめたりもして。で、書く機会を逸してしまいます。


 著者へのメールなら、上記のことは考えなくて良いんです。ただ、正直に書けばいい。返事を求めないラブレターのようなものです。返事を求めないということは、見返りを求めないということ。みかえり。相手がしてくれたことにこたえて、相手に何かをしてあげること。


 ただ読みたい。読めることがうれしい。

 もし私も、誰かにそのような気持ちをあげられているとしたら。それだけで、私には書く理由になります。

(私がメールした著者からはお返事がありました)



<<前へ     次へ>>     



最新記事

すべて表示

文庫の切り身

通勤帰りの地下鉄で、表紙のない文庫本を読んでいる人を見ました。60代くらいの男性です。 盗み見れば、文庫本の二十ページやそこらを、(多分)強引に背から引き剥がし、身軽になった本を携帯していて、まっさらな文庫本を魚一尾に喩えるなら、切り身の魚をカバンに入れて持ち運んでいるという風なのでした。 私がハッとしたのは、本をちぎるというワイルドな行為はもちろんですが、男性の色っぽさでした。 切り身を食べたら

スローガンと怒り

月に1,2回行く喫茶店のトイレに、気になる貼り紙があります。 「オムツを捨てないでください。大変匂うので、各自お持ち帰りください」 ということが、実際は、もっと長い文章で書かれています。 オムツっていうのは、古今東西、くさいに決まってます。それに、おいしいものやお茶を出す店で、こんなお説教を貼り出さなくても......いつも風通しの悪いような気持ちで見ています。 「オムツはこちらに捨ててください」

記憶のスタイル

本を読んでくれた友人たちから、昔のことを本当によく記憶しているねと驚かれることがあります。 私の場合、メモをしているわけではなく、大量の絵が記憶に入っていて、それを一枚ずつ取り出して描写をしています。そしてその絵には、匂いや音が付いていることもあり、それが描写の大きな助けになります。一枚の絵を描写しているうちに、また別の絵が後ろに控えていることもあったりして、次にそれを描写すれば、二段落くらいは書