返事のいらないラブレター

 春の自粛期間中に、ひとつ、初めてのことに挑戦してみました。

 多くの人が毎日していること。でも、その対象(相手)がすごく特別。さて、なんでしょう。

 答えは「メール」です。面白かった本の著者にメールをしました。著者のSNSのプロフィール欄にメールアドレスが書かれていたので、誰にでも窓口が開かれていると捉えて、感想を送ったのでした。


 私は定期的にエゴサして自分の本の感想を調べています。悪口を書く人はあまりいないくて、たいていは好意的なコメントだから、すごくうれしいです。

 まれにメールをくださる方がいて、これはもっとうれしいです。そのひとがメールを立ちあげて指を動かす様子を想像します。会ったこともない私にメールするのに、どれほど勇気が要ったでしょう。だから、自分も同じことを著者にしてみることにしました。


 これはいつも思っていることなんですが、自著への賞賛を宣伝のために利用するばかりで、自分が素晴らしいと思った本のエントリーを書かない在り方はとてもダサい。

 時間が取れないことを言い訳にしたり、「もっとちゃんと読み込んでから」と温めたままで、結局書けないできた本がたくさんあります。書かなければ、伝わらない。

 SNS上やブログで賞賛するのは、けっこう難しいことです。まず、誰に対して書くのか。もちろん第一は著者です。でも、私はこんな本を読んでいるんですよということを他のフォロワーや読者に見せるという時点で、それは純度の高い意思表示とは少し違った、どこか料理されたものになってしまいます。「すっっごい良かった!」とだけ書くわけにもいかないから、かっこつけたくて、起承転結や言い回しなどを考えはじめたりもして。で、書く機会を逸してしまいます。


 著者へのメールなら、上記のことは考えなくて良いんです。ただ、正直に書けばいい。返事を求めないラブレターのようなものです。返事を求めないということは、見返りを求めないということ。みかえり。相手がしてくれたことにこたえて、相手に何かをしてあげること。


 ただ読みたい。読めることがうれしい。

 もし私も、誰かにそのような気持ちをあげられているとしたら。それだけで、私には書く理由になります。

(私がメールした著者からはお返事がありました)



<<前へ     次へ>>     



最新記事

すべて表示

7月の着工に向けて、家の図面を2階建てから平屋へ大幅に変更しました。  工務店さんとの打ち合わせを重ねるなかで、基礎工事の予算が想定以上に膨らんでしまったことや、構造上どうしても動かせない柱があることなど、色々な制限があることが分かってきました。こういうとき、細々と金額を削っていくよりは、発想をがらりと変えたほうがいいと判断したのでした。  不思議なもので、昨年からかなりの時間をかけ、様々な角度

最近、2018年に出版した単行本『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』を読み返していました。  この本の大きなテーマは、毎日19時に家族が揃って、そこそこ栄養バランスのとれた温かいご飯を食べること。当時の帰宅時間が18時半だったので、夕飯の準備に費やせる時間は30分です。なるべくストレスなくそうした生活を続けていくために、私が実践していることについて、10品の料理(型)を軸に書き下ろした本

移住してから二か月が経ち、幸福度がとても上がったことを実感しています。 その鍵を握っているのは、能動的な孤独ではないかと思います。この言葉が指すものについては後半に書きます。 移住して良かった点として、まず、自然環境の素晴らしさがあります。 引っ越してきたばかりの2月には、白と黒の険しい線画だった山々が、春になると色彩数を増し、透けた層が幾重にも連なります。富士山だけが特別なのではない。見渡すかぎ