返事のいらないラブレター

 春の自粛期間中に、ひとつ、初めてのことに挑戦してみました。

 多くの人が毎日していること。でも、その対象(相手)がすごく特別。さて、なんでしょう。

 答えは「メール」です。面白かった本の著者にメールをしました。著者のSNSのプロフィール欄にメールアドレスが書かれていたので、誰にでも窓口が開かれていると捉えて、感想を送ったのでした。


 私は定期的にエゴサして自分の本の感想を調べています。悪口を書く人はあまりいないくて、たいていは好意的なコメントだから、すごくうれしいです。

 まれにメールをくださる方がいて、これはもっとうれしいです。そのひとがメールを立ちあげて指を動かす様子を想像します。会ったこともない私にメールするのに、どれほど勇気が要ったでしょう。だから、自分も同じことを著者にしてみることにしました。


 これはいつも思っていることなんですが、自著への賞賛を宣伝のために利用するばかりで、自分が素晴らしいと思った本のエントリーを書かない在り方はとてもダサい。

 時間が取れないことを言い訳にしたり、「もっとちゃんと読み込んでから」と温めたままで、結局書けないできた本がたくさんあります。書かなければ、伝わらない。

 SNS上やブログで賞賛するのは、けっこう難しいことです。まず、誰に対して書くのか。もちろん第一は著者です。でも、私はこんな本を読んでいるんですよということを他のフォロワーや読者に見せるという時点で、それは純度の高い意思表示とは少し違った、どこか料理されたものになってしまいます。「すっっごい良かった!」とだけ書くわけにもいかないから、かっこつけたくて、起承転結や言い回しなどを考えはじめたりもして。で、書く機会を逸してしまいます。


 著者へのメールなら、上記のことは考えなくて良いんです。ただ、正直に書けばいい。返事を求めないラブレターのようなものです。返事を求めないということは、見返りを求めないということ。みかえり。相手がしてくれたことにこたえて、相手に何かをしてあげること。


 ただ読みたい。読めることがうれしい。

 もし私も、誰かにそのような気持ちをあげられているとしたら。それだけで、私には書く理由になります。

(私がメールした著者からはお返事がありました)



<< 前へ     


次へ >>


日記トップへ     

最新記事

すべて表示

太田和彦さんといえば、私のような左党にとっては居酒屋文学の代表のような存在です。東京の街を遊びまわる際には、ご著書を参考にしてきました。 その太田さんがめちゃくちゃおもしろそうな翻訳本『食農倫理学の長い旅』を出されたというので、しかもそれが400ページを超える大作と知り、なるほど、このような形で食の道を極めていくキャリアもあるんだなあ、さすがだなあと思っていたのですが、本を少し読んですぐに分かりま

今日は原稿を一本納品しました。ある出版社の創立125周年を記念して作られた本に掲載される原稿で、字数は2500字。興味があるテーマだったから、気負わずに書けたのはいい。それでも、途中でああ、どうしようと困った点がひとつありました。 今取り組んでいる山梨の家のリノベーションについて触れなくては書き進められない内容だったのですが、どこまで詳細に書くかということについて、考えてしまいました。 なんだか、

新刊『愛しい小酌』が、明日10月21日(金)大和書房から発売になります。 本の中に出てくる器や場所のリンク集を以下に掲載します。撮り下ろしのページを中心に、ざっと思いつくものだけ挙げています。本書を片手に、気になるものを見たり、買ったりしてみてください。 あらためて見てみると、骨董市で買ったものが3割を占めていたように思います。 明日からは北杜市の白州で台ケ原骨董市が開かれるので、また何か買いそう