善きぼっち

 飲み屋で一杯やるのは、仕事を頑張った自分へのご褒美じゃないでしょうか、けいさん。

こんな風にして、ある編集者とごほうび談義が始まりました。

 ひとりで飲み屋で過ごすことを、私はごほうびと思ったことは一度もありませんでした。

 たいていは、嫌なことがあったり、反対に、楽しくて刺激的に終わった日でさえ、いざ職場を離れると、それは、疲れというよく知ったものに変わって、肩にべったり張り付いてきます。どこかでひとり、ふぅと息を吐き出したい。そんなときに落ち着ける成熟した逃避場所は、都会には酒場しか残っていないと思います。

 職業も肩書きもバラバラなひとが同じ場所に吸い寄せられ、勝手に酒を飲んでいるようでいて、場に溶け込むように最低限品のいい酒飲みでいようとする。そんな善きひとりぼっちがたくさんいる。そういう場所は、ほかにありません。


 先日、鎌倉へ行った帰りに寄った大船の「鞠屋」という立ち飲み屋は、とてもよかった。

 コロナ対策として、ひとりずつビニールで仕切られた席に改装されていて、飛沫を気にせずに飲むことができる。枝豆と天ぷらが美味しかった。お酒も、もちろん。近所にあったら間違いなく週に3回は通ってしまいます。二千円でお釣りがきたし、本当に、いい店です。



<< 前へ     


次へ >>


日記トップへ

最新記事

すべて表示

ここ最近、知人たちからの離婚や不倫といったカミングアウトが重なりました。 難しいですね。夫婦になることも、夫婦であり続けることも、夫婦を解散することも。 夫からの一番の愛情表現とはなんだろうかと、ふと考えてみると、それは、 「ちゃんと家に帰ってくること」 このひと言に尽きるような気がします。 え、ハードル低くない? と思われるでしょうか。 でも、これがちゃんとできている人は、案外少ないです。これさ

特別支援学校に通う8歳の男の子に、母親が手をかけてしまうという出来事がありました。数日前、岡山でのことです。 私が第一報を聞いたときには、「殺人未遂の疑い」でしたが、その後男の子は亡くなり、容疑は殺人に切り替わりました。 このニュースを知ったのは、東京から山梨に帰る特急の車中でした。娘と同じ障碍をもつ親たちと作っているグループLINE上で、共有されたのでした。(容疑者となった)女性に会ったことがあ