善きぼっち

 飲み屋で一杯やるのは、仕事を頑張った自分へのご褒美じゃないでしょうか、けいさん。

こんな風にして、ある編集者とごほうび談義が始まった。


 ひとりで飲み屋で過ごすことを、私はごほうびと思ったことはなかった。

 たいていは、嫌なことがあったり、反対に、楽しくて刺激的に終わった日でさえ、いざ職場を離れると、それは、疲れというよく知ったものに変わって、肩にべったり張り付く。どこかでひとり、ふぅと息を吐き出したい。そんなときに落ち着ける成熟した逃避場所は、都会には酒場しか残っていないと思う。

 職業も肩書きもバラバラなひとが同じ場所に吸い寄せられ、勝手に酒を飲んでいるようでいて、場に溶け込むように最低限品のいい酒飲みでいようとする。そんな善きひとりぼっちがたくさんいる。そういう場所は、ほかにない。


 先日、鎌倉へ行った帰りに寄った大船の「鞠屋」という立ち飲み屋はとてもよかった。

 コロナ対策として、ひとりずつビニールで仕切られた席に改装されていて、飛沫を気にせずに飲むことができる。枝豆と天ぷらが美味しかった。お酒も、もちろん。近所にあったら間違いなく週に3回は通ってしまうだろう。二千円でお釣りがきたし、本当に、いい店。




◀前の記事   次の記事▶


ホームページTOPへ


最新記事

すべて表示

フライパンと7月31日の日記

秋冬の野菜を使ったレシピの試作をいくつかはじめている。 問題となるのはオーブンで、根菜やなんかをアルミホイルでくるんで、200度のオーブンで焼くレシピを採用するか否か。だって美味しいに決まっている。バターもしくはオリーブ油、場合によっては、煮詰めたバルサミコ酢なんかをかければ、寝ながら作ってもたいてい及第点には達するのが、オーブン料理だ。(焼き菓子は別。すごく繊細で難しい) でも、オーブンを持って

YESの基準線

6月に入ってから、仕事の依頼が一気に増えた。 メールの受信ボックスを見ていると、ピロン、ピロロン、と連続してメールが入ってきて、夫にも、 「私の身に何かが起きている。これを見よ」 とスマホを印籠のように見せたほどだった。 私の身にかぎったことじゃなくて、コロナの自粛が終わり、みなが対外的な仕事を一気に始めたのだ。静から動へ。待てから良しへ。 そうなると、どの仕事なら受けられて、どの仕事が受けられな

大人の対応

何人かの料理家や料理研究家が、自粛期間中にレシピをInstagramにアップするという試みをしていた。じつは私もバトンを渡されそうになったのだけど、Instagramは非公開だし、「その試みなら10年前からツイッターでやっているからどうぞ自由に見ていってください」ということで、参加はしなかった。 毎日の料理に困っているひとの役に立ちたいという思いでスタートしたバトンだったけれど、いざ投稿してみると