検索
  • KEI SUZUKI

善きぼっち

 飲み屋で一杯やるのは、仕事を頑張った自分へのご褒美じゃないでしょうか、けいさん。

こんな風にして、ある編集者とごほうび談義が始まった。


 ひとりで飲み屋で過ごすことを、私はごほうびと思ったことはなかった。

 たいていは、嫌なことがあったり、反対に、楽しくて刺激的に終わった日でさえ、いざ職場を離れると、それは、疲れというよく知ったものに変わって、肩にべったり張り付く。どこかでひとり、ふぅと息を吐き出したい。そんなときに落ち着ける成熟した逃避場所は、都会には酒場しか残っていないと思う。

 職業も肩書きもバラバラなひとが同じ場所に吸い寄せられ、勝手に酒を飲んでいるようでいて、場に溶け込むように最低限品のいい酒飲みでいようとする。そんな善きひとりぼっちがたくさんいる。そういう場所は、ほかにない。


 先日、鎌倉へ行った帰りに寄った大船の「鞠屋」という立ち飲み屋はとてもよかった。

 コロナ対策として、ひとりずつビニールで仕切られた席に改装されていて、飛沫を気にせずに飲むことができる。枝豆と天ぷらが美味しかった。お酒も、もちろん。近所にあったら間違いなく週に3回は通ってしまうだろう。二千円でお釣りがきたし、本当に、いい店。



最新記事

すべて表示

風とJJ

どこにも行かない年末年始、久しぶりに女性誌をたくさん買って家でごろごろしていた。 風の時代到来!──こんなタイトルや見出しやキャプションが多くて、おやっと思った。 風は歓迎されているらしい。新しい時代がくるらしい。 風が動くと、何が起こるというのか(解説は後半に)。占星術的な解釈は知ってはいる。でも、それだけでは説明が足りない気がする。 大好きな女優さんがジル・サンダーのドレスを着て写っている表紙

返事のいらないラブレター

春の自粛期間中に、ひとつ、初めてのことに挑戦してみた。 多くの人が毎日していること。でも、その対象(相手)がすごく特別。さて、なんでしょう。 クイズのようになってしまったけれど、答えは「メール」。面白かった本の著者にメールをしたのだ。著者のSNSのプロフィール欄にメールアドレスが書かれていたので、誰にでも窓口が開かれていると解釈して、感想を送った。 私は定期的にエゴサして自分の本の感想を調べる。悪

言ってくれたらよかったのに

過去に悩んでいたことをブログに書いたりすると 「言ってくれたらよかったのに」 と友だちは言う。 私なんかはとくに、辛いことであっても茶化して笑いを取ろうとするところがあって、そういう自分の軽さ自体が嫌で嫌でたまらないことがあるし、かといってひとになにか言われるのも気分が乗らなくて、結局、悩みの渦中にひとに相談するということはあまりない。 とりわけ、出産や子育てというのは相手によってはポジショニング