検索
  • KEI SUZUKI

肉屋、魚屋

 家からのすぐの場所に、魚屋、肉屋、豆腐屋、八百屋が並んでいる。この街に引っ越そうと決めたきっかけになった並びである。


 通いはじめたころは、肉屋で肉を買うことになかなか慣れなかったけれど、今ではスーパーで買うほうがむしろ煩わしいと思ってしまう。

 例えばスーパーではこんなシーンがよくある。合い挽き肉が300gほしいのに、139gと203gのパックしか残っていなかったりする。結局ふたつ買う羽目になる。


 これが肉屋なら、「合い挽き300ください」で済む。

 しかも、赤身の部分と、脂の多いところと、150ずつにしてくださいと言えば、その場で挽いてくれたりもする(私はいつもこの方法だ)。

 挽きたての挽き肉は、挽かれてから時間が経った肉とは全然違う。長時間経ってしまった挽き肉は、味も鮮度も、複数回死んでいるようなものだ。(一番は、かたまり肉を買ってきて薄切りして、牛刀でさらに細かく叩いて挽き肉にする。これがベスト)


 この週末いつものように肉屋さんに行ったら、先客がいた。距離をとって私は後ろに並ぶ。

 女性を見て私が驚いたのは、店員さんに疑問形で注文することである。


「豚の…えっと…ロース? を200…?」


 自分がどの部位のどんな肉を何グラム欲しがっているのか、店員さんに質問するような恰好になっているわけで、店員さんもちょっと困った顔をしていた。ここで、黙って答えを待っている店員さんもいるし、

「それじゃ分かんねーよ。何作るの?」

 なんてズケズケ聞く人もいる。肉屋さんもいろいろ。

 でも、女性が迷う気持ちもよく分かる。肉屋でのびのび買い物をするというのは、けっこう難しいことなのだ。

 

 まず、自分が今日作るレシピの分量と仕上がり、それから家族(食べるメンバー)の胃袋を正確に把握しておく必要がある。

 大人4人のすき焼きで、牛肉150gは少なすぎるし、これが相撲部屋の女将さんなら、ひとり700g、いや1000gは買わないといけない。

 豚しゃぶの薄い肉なら、大人ひとり150gが妥当なところ。身が薄いから、けっこう量が食べられてしまう。

 自分のお気に入りのレシピカレーを作るなら、合いびき肉を200。カレースプーンでひとくちを放り込んだとき、ちょうどいい具合に肉のつぶつぶが口内に広がるバランスを考えると、試行錯誤の結果200gがベストなのだ。こういうのは経験でなんとなく積み上げていく生活の知恵みたいなものだ。

 たとえ部位名はわからなくても、脂が少ないほうがいいのか、赤身がいいのかくらいは言えたほうがいいだろう。鶏肉だって、胸よりもものほうが肉質がしっかりしているから、どっちがこれから作ろうとしている料理に合うか考える。


 得意料理や好きな料理を思い浮かべて、そのためにどんな肉が何g必要か、即答できるだろうか。


 covid-19の自粛期間のおかげで、私の肉屋通いも堂に入ってきた。

 その日の並びをざっと見渡してから

「合い挽きは300、それから、豚の挽いたやつを150ください。脂の多いところ。鶏ももは皮なしで300でお願いします。あっちのささみは5本で」

 このくらいは、さらさらっと言えるようになった。

 

 魚屋はもうちょっと違った心持ちで行く。

「煮付けにしたいんですが」

「塩焼きが食べたい気分でして…」

 とにかくあれがしたい、これが食べたいばかり言っている。

 魚にだって四季があるから、プロの目利きで選んでもらったほうが、絶対にいい買い物ができるのだ。



最新記事

すべて表示

風とJJ

どこにも行かない年末年始、久しぶりに女性誌をたくさん買って家でごろごろしていた。 風の時代到来!──こんなタイトルや見出しやキャプションが多くて、おやっと思った。 風は歓迎されているらしい。新しい時代がくるらしい。 風が動くと、何が起こるというのか(解説は後半に)。占星術的な解釈は知ってはいる。でも、それだけでは説明が足りない気がする。 大好きな女優さんがジル・サンダーのドレスを着て写っている表紙

返事のいらないラブレター

春の自粛期間中に、ひとつ、初めてのことに挑戦してみた。 多くの人が毎日していること。でも、その対象(相手)がすごく特別。さて、なんでしょう。 クイズのようになってしまったけれど、答えは「メール」。面白かった本の著者にメールをしたのだ。著者のSNSのプロフィール欄にメールアドレスが書かれていたので、誰にでも窓口が開かれていると解釈して、感想を送った。 私は定期的にエゴサして自分の本の感想を調べる。悪

言ってくれたらよかったのに

過去に悩んでいたことをブログに書いたりすると 「言ってくれたらよかったのに」 と友だちは言う。 私なんかはとくに、辛いことであっても茶化して笑いを取ろうとするところがあって、そういう自分の軽さ自体が嫌で嫌でたまらないことがあるし、かといってひとになにか言われるのも気分が乗らなくて、結局、悩みの渦中にひとに相談するということはあまりない。 とりわけ、出産や子育てというのは相手によってはポジショニング

© 2017-2021 KEISUZUKI