観音様と動く城

 正月気分もすっかり抜け、心はすでに春の大型連休へと飛んでいる。「きびきびと万物寒に入りにけり」(富安風生)と襟元をかき合わせつつも、節分の向こう側にいけば、もう春が、そして新元号が見えてくる。私と夫、子どもたちは、昨年のゴールデンウィークと同じくキャンピングカーの旅に出る予定だ。

 宿やレストランを予約する旅の支度は、楽しいが煩わしさもある。子供連れであればなおさら。家で暮らしているように、日常のまま旅に出たい。ならばと思いついたのがキャンピングカーだった。

 冷暖房が必要ない春は、車中泊でも過ごしやすい。ゆったり寝られるベッドもあれば、ミニトイレも、小さなキッチンもある。お風呂は立ち寄り温泉を利用すればいい。日本中に点在する道の駅マップさえあれば、予約はもちろん、時計すらいらない。

 食事は行き当たりばったり。道すがらの産直市場で地元の食材を調達し、良さそうなパン屋があれば覗いてみる。ども道の駅も、採れたての野菜や、山菜、果物、新鮮な卵や牛乳で賑わっている。限られた材料で何を作ろうか考えるのも、車中クッキングの楽しみだ。塩で炒めただけの絹さやのおいしさは忘れられないし、「さっき掘ってすぐ茹でたんだよ」と地元の人にすすめられたた筍のステーキをメインにした朝ごはんは最高だった。途中、湖や高原の景色のよいところに車を停めて珈琲を淹れ、夜は星空のもとビールを飲んで、眠った。まさに動く城である。

 昨年の旅には目的地があった。

 東京の自宅から浜名湖、名古屋、奈良観光を経て目指したのは、琵琶湖の北・湖北地方にある高月町。日本に七躯しかない国宝の十一面観音像のひとつ、向源寺(通称は渡岸寺観音堂)の十一面観音像に会うためだ。

 数年前に仏教に関する小冊子を作ったことがあった。関東近郊の名刹を選出し、小さなチームでこつこつと取材と編集作業をこなした。それを見た作家から「でもね、なんだかんだいっても仏像が面白いのは西なんだよ」と指摘された。奈良と滋賀を訪れたことがなかった私は、小さな棘のように心に引っかかっていたその台詞に導かれ、目的地を西へ決めたのだった。

 高月町は里山に暮らす庶民が協力し合い、戦火から多くの観音像を守ってきた地域として名高い。その中でも白州正子が近江一美しいと評したのが向源寺の十一面観音像だ。

 およそ六百キロのドライブを経て対面した十一面観音像は、眉から鼻にかけての美しいラインと引き締まった美しい唇をもち、なにより、豊かな腰を少しひねった姿が艶っぽい。

 向源寺では三百六十度どこからでも観音像を見て構わない。一本の木を下から上へ、上から下へ、一寸も違うことなく削り出していった刀の力と、救済を求めこの像に集まった民衆のエネルギー、そして千年の時を経て今日まで守り続けられてきた奇跡を思うと、あの場に立っていたことが不思議でならない。

 閉山の時間が近づき、子どもたちもとうとうぐずり始めた。名残惜しそうな私を見て、夫がからっとした調子で言った。

「また、来ようよ」

 この場所をもう一度訪れたい。そう思える旅は、素晴らしい旅だ。次の旅までどうか何事もなく穏やかに過ごせますように──旅を締めくくるのは祈りであることに、あらためて胸を衝かれた。旅と祈りはよく似ている。心身ともに健康で、好きな場所に自由に行くことができる未来への切実な祝福を、旅は内包している。



◀前の記事へ   次の記事へ▶

​© KEISUZUKI 2019