いつか渡辺美里を歌う日

 長女が保育園最終日を迎えました。母親になって6年経ったということです。20キロ近くある人間を電動自転車の前と後ろにのせ、真夏にも豪雨にも零下にも負けずに坂道をのぼる毎日がついに終わりました。

 そんな今日、篠田真貴子さんのこんなツイートを見つけました。


 時間は不可逆的という絶対の性質をもちながら、その中身は均一ではありません。この6年というのは、初めての妊娠と出産にはじまり、働きながら子どもを育て、時間とお金と家族の健康をどうやりくりしていくか、毎日がとにかく濃密でした。

 働いていても、ずっと家にいても、親として生きることはとても大変なことです。特にここ数日間は、子どもと自宅に閉じこもることも多くて、子どもの遊び相手をしながら仕事をしたり、ごはんやおやつを作ったり、そうこうしているうちに部屋が汚くなって片付けて……整ったオフィスで仕事だけをしているほうが、どんなに楽でしょうか。


 小さい子を保育園に預けるということは、集団感染の恐れと常に一体です。インフルエンザ、手足口病、水痘、RS、ノロウイルス……もう、例をあげればてんこ盛り。子どもを持つまで、こんなにもたくさんの感染症があることをまったく意識せず暮らしてきました。罹って入院したり、幸運にも免れたりしながら、「そうやって免疫を獲得して子どもは強くなっていくんだ」という言葉に励まされて、フルタイム会社員生活を綱渡りで歩いてきました。

 子どもの体調不良だけではありません。

 編集者だった頃は、18時15分に保育園に着いた時点で疲れ果て、子ども用の椅子に「一瞬だけ拝借」と尻をねじ込んだら、気絶するように眠ってしまっていたことが何度かありました。そういう親は、私だけではないはずです。


 出版社に入ったばかりのころ、雲の上に棲む存在のある編集長から、

「女のひとは、楚々として、粛々と働きなさい」

 と言われたことがありました。私はとくに、この粛々という言葉が今でも好きで、大事に思っています。今できることを強い意志で着実に続けていくという意味で、今ほどこの言葉が大切なタイミングもないと思います。


 そう、今日の本題はお母さんの健康でした。

 人は、毎日そこそこ元気でないと、自分ばかりが割を食っていると感じるものだと思います。なにかと思い通りにならないことだらけだからこそ、自分のことは、なるべく、清潔で快適にしていたいものです。

 元気でいるために私が続けていることは、ビタミンと鉄分の摂取に加えて、今日は絶対エネルギー満タンでいたいという日は、アミノ酸サプリメント(マツキヨのオリジナルブランドのこれ)を大量(説明書きの2〜3倍)摂取します。運動をする場合にも、もちろん摂ります。ある友人にアドバイスしてもらってからというもの、疲れにくくなりました。これで基本的にはわりと元気。

 あとは、人とのごはんや飲酒は、おいしいものを、たっぷり、楽しく。家では19時30分以降は食べません。こんなところでしょうか。でも、大好きなカラオケに行けないので、淋しいし、退屈です。久々の歌い初めは、

 あれから10年も

 この先10年も

 絶好調なノドで渡辺美里なんかを歌えたら幸せです。


「これをすれば元気になる」という方法をいくつも知っておくことがとても大事だと思います。こんなときだからこそ、なおさらです。



<<前へ     次へ>>

最新記事

すべて表示

7月の着工に向けて、家の図面を2階建てから平屋へ大幅に変更しました。  工務店さんとの打ち合わせを重ねるなかで、基礎工事の予算が想定以上に膨らんでしまったことや、構造上どうしても動かせない柱があることなど、色々な制限があることが分かってきました。こういうとき、細々と金額を削っていくよりは、発想をがらりと変えたほうがいいと判断したのでした。  不思議なもので、昨年からかなりの時間をかけ、様々な角度

最近、2018年に出版した単行本『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』を読み返していました。  この本の大きなテーマは、毎日19時に家族が揃って、そこそこ栄養バランスのとれた温かいご飯を食べること。当時の帰宅時間が18時半だったので、夕飯の準備に費やせる時間は30分です。なるべくストレスなくそうした生活を続けていくために、私が実践していることについて、10品の料理(型)を軸に書き下ろした本

移住してから二か月が経ち、幸福度がとても上がったことを実感しています。 その鍵を握っているのは、能動的な孤独ではないかと思います。この言葉が指すものについては後半に書きます。 移住して良かった点として、まず、自然環境の素晴らしさがあります。 引っ越してきたばかりの2月には、白と黒の険しい線画だった山々が、春になると色彩数を増し、透けた層が幾重にも連なります。富士山だけが特別なのではない。見渡すかぎ