寿木けい(すずき・けい)

エッセイスト 、料理家。大学卒業後、出版社に勤務。編集者として働きながら執筆活動をスタートする。自分で作った、名前もないような温かい料理を食べたいと記録しはじめたTwitter「きょうの140字ごはん」がきっかけとなり、『わたしのごちそう365 レシピとよぶほどのものでもない』を出版。以後、生活や食をテーマに発信を続けている。


著書に、『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』(小学館)、初めてのエッセイ集『閨と厨』(CCCメディアハウス)、新装文庫版『わたしのごちそう365 レシピとよぶほどのものでもない』(河出書房新社)がある。

好物は貝類全般とジン。好きな作家はレイモンド・カーヴァー。

富山県生まれ、東京都在住。

© 2017-2021 KEISUZUKI