【補稿】第6夜 女性ひとり、招かれざる客か


 先日マシュマロで「女性一人でも入れるおすすめの飲み屋はありますか? 」という質問を受けました。

 私が入りやすい店なら、たくさんあります。でも、質問者さんがどこに住んでいて、どのような嗜好の持ち主で、飲食代にいくら使う人なのか、少なくともこの3つがわからないと、ちゃんと答えてあげられないなあと思ったのでした。確か、「お店のSNSを見て『女性ひとりも歓迎』スタンスかどうかチェックしては?」といったようなことを返したような気がします。

 でも、よく考えてみると、「男性一人でも入りやすいお店はありますか?」という質問はあまり目にしません。女性に比べたら、飲み屋で嫌な目に遭うことも、店選びで困ることも、少ないんだろうと思います。


 私は20代の頃からひとりで旅行するのが好きで、国内外のいろんな場所を訪れてきました。

 忘れられないのは、青森での出来事です。白神山地を目指す途中で、青森市内に宿を取りました。ホテルの近くで夕飯を食べようと思い、ある割烹に入ろうとしたんですね。お店の方がひどく驚いて、結果、入店を断られてしまったのですが、女ひとりだなんて気味が悪いといって塩をまかれました。2005、2006年頃のことです。いくらお盆だったとはいえ、二本の足でちゃんと立っていました。これが、たとえば出張で青森にやってきたサラリーマンなら、こんな塩対応を受けることはまずなかっただろうと思います。

 ここは花の都・大東京ではない。女ひとりというのは、おかしな目で見られるということをよくよく理解して、以降、地方を旅するときは、お店の選び方には気をつけるようになりました。

 余談ですが、結局その夜は、不肖宮嶋こと報道カメラマンの宮嶋茂樹さんが当時週刊文春で紹介していたお寿司屋さんがあったことを思い出し、行ってみました。とっても居心地の良いお店で、帰りには「ホテルで食べて」と海苔巻まで持たせてくださって。おかげで、青森のことを嫌いにならずに済みました。


 こんなこともありました。

 東京に住んでいた頃、よく通っていたバーの店主は、物もお書きになる人なのですが、あるインタビューで

「ひとりで飲みに来る女性というのは、やっぱり、どこか変わった人が多くて、できればご遠慮いただきたい」

 というようなことを語っているのを読んでしまったときの衝撃!

 こういうとき、2種類の女がいるように思います。ひとつは、きっと自分のことだと思ってしまうタイプ。もうひとつは、自分のことだとは夢にも思わないタイプ。

 私は前者です。「いつでも歓迎です」と言ってくれていたあれはお世辞だったのか......とずいぶん凹んで、以後、友達を連れていくようになりました。(ひとりで行くと)お店の方に迷惑をかけているんじゃないだろうかと、やっぱり、気が気でなくて、ゆっくり酔えないものです。

 それでもひとりで行く店はどこだろうか.....と考えてみると、門前仲町の「魚三」がぱっと思い浮かびました。深川不動のお不動さんにお参りをしたあと、必ず寄ります。海のものがなんでもおいしくて、安くて、気楽です。私のように、ひとりで飲んでいる女性に会ったことは......ほとんどありませんが、行けば、女だとかひとりだとか、そういうことはどうでもよくなります。つまり、良いお店だということです。



*新刊『愛しい小酌』が2022年10月21日(金)に大和書房から発売になります(詳しくはこちら)。本には書けなかった裏話やエッセイなどを、【補稿】とし、発売日まで毎夜更新しています。



<< 前へ     次へ >>       


日記トップへ

 

最新記事

すべて表示

太田和彦さんといえば、私のような左党にとっては居酒屋文学の代表のような存在です。東京の街を遊びまわる際には、ご著書を参考にしてきました。 その太田さんがめちゃくちゃおもしろそうな翻訳本『食農倫理学の長い旅』を出されたというので、しかもそれが400ページを超える大作と知り、なるほど、このような形で食の道を極めていくキャリアもあるんだなあ、さすがだなあと思っていたのですが、本を少し読んですぐに分かりま

今日は原稿を一本納品しました。ある出版社の創立125周年を記念して作られた本に掲載される原稿で、字数は2500字。興味があるテーマだったから、気負わずに書けたのはいい。それでも、途中でああ、どうしようと困った点がひとつありました。 今取り組んでいる山梨の家のリノベーションについて触れなくては書き進められない内容だったのですが、どこまで詳細に書くかということについて、考えてしまいました。 なんだか、

新刊『愛しい小酌』が、明日10月21日(金)大和書房から発売になります。 本の中に出てくる器や場所のリンク集を以下に掲載します。撮り下ろしのページを中心に、ざっと思いつくものだけ挙げています。本書を片手に、気になるものを見たり、買ったりしてみてください。 あらためて見てみると、骨董市で買ったものが3割を占めていたように思います。 明日からは北杜市の白州で台ケ原骨董市が開かれるので、また何か買いそう