料理家

​エッセイスト

​寿木けい

​プロフィール

富山県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。編集者として働きながら執筆活動をスタートする。自分で作った、名前もないような温かい料理を食べたいと記録しはじめたTwitter「きょうの140字ごはん」がきっかけとなり、『わたしのごちそう365 レシピとよぶほどのものでもない』を出版。以後、本の執筆のほか、新聞や雑誌・ウェブメディアで生活や食をテーマにした発信を続けている。好物は貝類全般とマティーニ。

ようこそ、寿木けいのウェブサイトへ。

さまざまなメディアで文章を書いたり、

オリジナルのレシピを紹介しています。

​ごあいさつ

  • Twitter

​寿木けいの本

81hR+-jhDKL.jpg

『わたしのごちそう365 レシピとよぶほどのものでもない』

河出書房新社から文庫が発売になりました(2020.11.03)
 

おかげさまで重版しました。2020.11.20 追記)

​連載

集英社 よみタイ

土を編む日々

 

 

扶桑社  ESSE online

今日はなにを手に取ろう?

北日本新聞

『いえしごとの夜明け』

土を編む日々.png

マガジンハウス 『BRUTUS』
世の中が変わるときに読む本。

選書、エッセイを担当しました。(2020.12.15)

PHP研究所 「わたしの思い出ごはん」

エッセイを寄稿しました。(2020.10.05)

京阪神エルマガジン社『日本全国お取り寄せ本

エッセイを寄稿しました。物語ある素敵な一冊です。(2020.10.10)

​つづきを見る>>

​お知らせ

​日々の写真

© 2017-2021 KEISUZUKI